【必見】肌荒れで悩んでる方が試すと改善する方法?

 

あなたは肌に関してネットで調べたりしたことはありますか?多くの女性の方は一度は自分の肌の調子が良くなかったり、寝不足で肌荒れが気になったりしたことはあると思います。そんなあなたに、美容系のお仕事されてる友人に聞いたオススメのお肌のケアの方法をお伝えしていきたいと思います。

関連記事のIDを正しく入力してください

エレクトロポレーション

エレクトロポレーション(別名、電気穿孔法)を知らない方に簡単に説明すると、電気パルスを利用する技術です。がん治療、医療分野で研究されてたのですが、最近では美容分野から注目を浴びてるものです。

エレクトロポレーションの仕組みは、細胞と細胞の間に小さな隙間を電気パルスで開けて肌の深層部分まで有効成分を送ることができます。針などを使うわけではないので、痛みを伴うものではないので安心して治療を受けれると思います。エレクトロポレーションは、美容面では毛穴を引き締めたり、ニキビ跡やシワの改善が期待できます。なので、毛穴を引き締めたい方はグリシルグリシン、シワの改善をしたい方はヒアルロン酸といった感じであなたに必要なものに合わせて導入する成分を選ぶのが可能です。

イオン導入

イオン導入は聞いたことがある方は多いと思います。エレクトロポレーションと同じで電気を用いて肌に良い有効成分を深層奥部まで届けることができる技術です。マイナスの弱い電気を肌に流してイオン化できる有効成分を肌の奥に浸透させます。ただ、イオン導入はイオン化できる有効成分のみしかできないです。

エレクトロポレーションとイオン導入の違い

どちらも、電気を使った技術という点では同じですが、大きな違いが3つあります。1つ目は、肌の深層部まで導入できる有効成分の数の違いです。エレクトロポレーションはどんなもの(ヒアルロン酸、コラーゲンなど)でも導入できるが、イオン導入はイオン化できる有効成分しかできないということ。2つ目は、PHの変化になります。エレクトロポレーションはPHの変化がないので肌トラブルはないですが、イオン導入はPHの変化が伴うので肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。3つ目は、浸透力の違いになります。エレクトロポレーションもイオン導入も浸透力に関しては凄いのですが、この2つを比較したときの差がかなりあるんです。エレクトロポレーションはイオン導入よりも20倍も浸透力があります。

フォトフェイシャル

シミ、そばかす、小じわ、くすみなどの年齢を重ねていくと増えてきたり気にななりますよね?フォトフェイシャルはシミやそばかすといった原因であるメラニン色素や、赤ら顔の原因であるヘモグロビンなど、複数の色素にダメージを与えて、様々な肌トラブルの原因を同時に改善してくれます。なぜ、光で肌トラブルの原因となる物がなくなって美肌になるのか?それは、原因となるメラニンや毛細血管に光が当たると、光のエネルギーが熱に変わり原因となる物にダメージを与えてます。フォトフェイシャルの光は原因となるものだけに反応するので素肌を傷つけることはなく、原因部分のみにダメージを与えてハリのある肌を保つことができるのです。

フォトフェイシャルとレーザーの違い

シミ、そばかす、赤ら顔などの肌トラブルの改善するための美容医療は、フォトフェイシャルかレーザーの治療が一般的です。フォトフェイシャルの光はIPL(Intense Pulsed Light)と言って、レーザーと全く異なります。カウンセリングを受けてあなたの症状に合った施術を受けるようにしましょう。

・レーザーとフォトフェイシャルの違い。

レーザー   フォトフェイシャル(IPL)
1回(または短期間)の施術 期間 3~4週間に1回の施術が目安
傷になる
(施術後ガーゼやバンソウコウを貼る必要がある)
Down Time No Down Time = 傷にならない
(施術後すぐの洗顔・メイクが可能)
痛みが強い 痛 み 輪ゴムでパチンとたたいたような痛み
麻酔必要 麻 酔 麻酔不要
ターゲットのみを改善
(例えば、シミ、赤ら顔だけ)
施術後 顔全体を改善
(例えばシミ、赤ら顔だけでなく、肌全体を改善する

天然人型セラミド

天然ヒト型セラミドとは、人が持っているセラミドとほぼ同じで純度が90%です。角質層のセラミド本来の働きをサポートすることで肌バリアの機能を助けてくれます。従来からある合成人形セラミドの3倍、天然植物セラミドの15倍の保水力・バリア機能があります。女性に多い乾燥肌の原因は間違ったスキンケアで角層を傷めてターンオーバーを早めてしまうことです。ターンオーバーが早まると低品質の角層が作られこれを、未熟な角層と呼んでいます。未熟な角層はセラミド不足だけでなく

  • 角層細胞内の天然保湿因子が不足
  • 角層細胞の広がりが足りず、面積の小さい角層になる
  • タンパク質分解酵素が足りず、垢になりにくく肌表面に残留しやすい

といった様々な欠点があります。それにより、乾燥肌、敏感肌、毛穴の目立ち、肌のざらつき、粉吹きといった肌トラブルが起こります。

ターンオーバーを正常化させる方法

ターンオーバーが正常化すれば、セラミドをたくさん作ってもらえるようになります。その際に、スキンケアをする時には注意が必要になります。

  • クレンジングで角層を剥がさない
  • 保湿してから過度な水分蒸散を予防する
  • 紫外線をできるだけ浴びない
  • 肌に刺激のある化粧品は使わない

ターンオーバーが正常化すれば、肌が作るセラミドを増やすことができるので、乾燥肌といった様々な肌トラブルが改善すると思います。

EGFで肌再生

EGFとは皮膚や粘膜の上皮に働きかけ、新しい細胞の生成やダメージを受けた部位の修復を促進するものです。この作用は肌や粘膜の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促してくれて古い角質が肌に長期間留まることを防ぎ、肌のごわつきや吹き出物などの肌トラブルの改善ができます。EGFについてわかったらEGFが配合されてる化粧品を選びましょう!その際に注意してほしいことは化粧品に含まれてる成分の記載です。EGFと書かれてなく、「ヒトオリゴペプチド-1」と記載されてますので注意してください。EGFの認定マークがあれば尚更いいです。

まとめ

様々なスキンケアや化粧品がありますが、あなたのお肌に合った物を試すようにしましょう。とりあえず人気だからやってみようではなく、しっかりあなたのお肌に合った物でケアするようにしましょう。肌は一生の付き合いなので大切にケアしてあげましょう。

【寝起きを良くする方法】朝辛い方は必見!おすすめサプリ!


スキンケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です