【お肌で悩んでる方必見】コレを飲み続ければ美肌になれる?

あなたは1日にどれくらいの水分補給をしてますか?人間は60~70%の水分で出来てると言われてるのは知ってる方がほとんだと思いますが、人間が1日どれくらいの水分が必要か知ってますか?美肌を保てるための水分量は知ってますか?お肌に悪い飲み物もあることは知ってますか?その他、お肌に関する飲み物について紹介していきたいと思います。

【髪をサラサラにする方法!】明日からできるサラサラの11の秘訣とおすすめのグッズ紹介!

お肌と飲み物の関係

女性にとって美肌は常に考えてるものだと思います。ただ、毎日のケアで疲れたり気を張りすぎてオススメの物を購入したけどあまりいい結果が出なかったりと嘆いたりしてる方は多いと思います。ただ、今回の記事で紹介していくのは習慣にすれば今よりも美肌に繋がっていくものだと思います。まず、美肌とは何か見ていきましょう。

美肌とは

  1. 肌に艶がある
  2. 肌に適度な水分、油分があり保湿がしっかりしている
  3. ハリと弾力がしっかりしている
  4. ターンオーバーのリズムが正常化になっている
  5. 栄養がしっかり行き届いていて老廃物がしっかり回収されている

この5つがしっかりしていれば美肌が保たれてると思っていいと思います。最も、5番の栄養が行き渡っていて老廃物が回収されている状態が美肌を保つ秘訣になります。スキンケアといった肌の外側からのケアも大事ですが内側からのケアも怠ってはいけません。飲み物だけで美肌を保つことはできません。あくまで、今回紹介するのは飲み物で美肌になるための一つの要素であって主役が飲み物ではありません。食べ物から摂る栄養素が主役になりますが、その摂りきれない物を飲み物で補う感じと思って読み進めていってください。

美肌と水分

あなたが今までに飲んできた飲み物の種類は数え切れないくらいあると思いますが、飲み物の中心といえば水になります。上記で体内には60~70%の水分があります。水分で体ができていると言っても過言ではないと思います。先述でお聞きした質問「人は1日どれくらいの水分量が必要か知ってますか?」ですが、人は1日2~3リットルの水分を排出してるのでそれ以上の水分が必要になります。でなければ、体が乾いた状態が続くのでもちろんお肌にもよくありません。それと、水分が足りてないと血液がドロドロになり血流も悪くなり、酸素や栄養素が運ばれなくなり体にも異変が出てきます。栄養不足になれば、肌への栄養も足りないということになりシミ、くすみ、乾燥、肌荒れなどの肌トラブルがひどくなります。つまり、水分がしっかり補われていれば酸素や栄養素が体の隅々まで行き渡り美肌に繋がります。また、ターンオーバーに関してもしっかりと栄養素が行き渡っていればリズムを正常化できるので、こまめな水分補給は代謝も活発になり老廃物の回収もしてくれるます。このように水分が十分に摂れていたら新陳代謝が向上して、肌にツヤ、ハリ、潤いが出てきますが水分補給を怠ってしまうと、、、、。

水分の摂り方

時期、季節によってのみ方は変わってくると思います。夏の暑い日は冷たい水をガブッと飲みたくなりますよね。ただ、冷たいものを急に摂取すると体の内臓を冷やす事になるので血行不良になることがあります。血行不良になると、肩こりや肌トラブルなどの原因にもなります。なので、肌のためを考えるのであれば白湯か常温で飲むようにしましょう。ただ、水分の過剰摂取は水毒の原因になることがあります、水が体に残りすぎると電解質のバランスが崩れて、顔がむくむ、胃もたれを感じる、めまい、下痢になりやすい、生理不順、関節痛といった症状が出てくるので闇雲に水分を摂れば良いわけではありません。

美肌に良い飲み物

人が必ず必要になる水分補給の飲み物を変えるだけで肌質が良くならないかと思ったことはありませんか?朝起きてから飲む飲み物を白湯にするだけで血管が拡張して血行が良くなり新陳代謝が促進され、肌荒れ対策に期待できます。美肌になるためにはどんな時に何を飲んだら良いのかをお伝えできたらと思います。

ミネラルウォーター

なんと言っても、ミネラルが豊富に含まれてる飲み物がお肌にはいいです。ミネラルの中にはカリウムやマグネシウム、カルシウム、リンといった物があり、ミネラルだけで100種類以上が確認されていてその内の人間にとって必要なミネラルは16種類と言われてます。

・カルシウム・亜鉛・ナトリウム・マンガン

・リン・銅・塩素・モリブテン

・カリウム・ヨウ素・マグネシウム・クロム

・硫黄・セレ・鉄・コバルト

カリウムは顔のむくみを取ることや、肌に溜まっている老廃物の排出に関与しています。マグネシウムは腸内環境を整えることで便秘を改善してくれます。腸内環境が乱れてる時はニキビや肌荒れが起こりやすいので腸内環境を整えることでそれらの原因を改善してくれます。カルシウムも肌表面の上の顆粒層の顆粒細胞が角質層に変換する時に関係してきます。こういったミネラルは体内で作ることができないので体外、飲み物や食べ物から摂取する必要があります。なので、ミネラルウォーターは体調管理だけでなく肌管理にも必要な成分になるので水を摂取するのであればミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

豆乳

女性の悩みの1つであるホルモンバランス乱れがあります。肌荒れや生理不順はその典型的な症状ということになります。私達は女性ホルモン、男性ホルモンの適度なバランスを保つことで維持しているのですが、食生活や生活習慣の乱れや加齢、妊娠、出産といったことでホルモンバランスが崩れることがあります。ホルモンバランスが崩れた時、身体の機能に影響を及ぼします。例えば肌に関してだと、ニキビや吹き出物、生理不順、便秘など。さらに、症状が進行すると髪の毛の薄毛化や更年期障害になりやすくなります。

エストロゲンというホルモンを聞いたことはあると思います。別名、美人ホルモンを言われてるものです。艷やかな肌、溢れるような髪、ふくよかな胸の隆起などの女性らしい身体づくりに関与してきます。エストロゲンの分泌がたくさん出てる時は、女性は最も美しい輝いてる時期と言えるでしょう。エストロゲンの分泌は月経の周期に合わせて行われますが、量的には排卵日の直前が最も多いようです。エストロゲンは卵巣で作られるため卵巣の機能を正常化する必要があります。

  • しっかりとした食生活
  • 十分な睡眠
  • ストレス発散
  • 血行を良くする

この4つがよく出来ていれば卵巣の機能は十分な働きをします。エストロゲンの分泌が正常に行われることで、美肌も合わせて保持できるようになります。

関連記事のIDを正しく入力してください

大豆イソフラボン

女性の方でしたらほとんどの方が知ってる大豆イソフラボンですが、以前まではエストロゲンは体内でしか作れない物で体外からは摂取できないと言われてましたが、大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た効果があることが認められているので積極的に摂取することをおすすめします。実際に、イソフラボンを摂取したら、女性ホルモンの役割を担ってくれるので肌荒れ、便秘改善、生理不順の改善といったことも期待できます。さらに、バストアップ効果や肌のハリを生み出す効果もあるので女性にとって救世主といった存在になります。イソフラボンは大豆に含まれている物で日本には古くから大豆を使った食品があるので明日からでも食べれるものがあるので明日から食卓に並べてみては如何でしょうか?

・大豆・豆腐加工品・きなこ・おから

・湯葉・納豆・醤油・豆乳

・きなこ・おから・醤油・豆乳

・煮豆・味噌

これらの食材がイソフラボンを含んだものになりますので、明日から取り入れてみてはどうでしょうか?

トマトジュース

  • トマトジュースを好んで飲む人は多くはないと思いますが、トマトジュースに含まれている効果を知ったら飲みたくなると思うので一度目を通してみてください。代表的なものといえばリコピンこの成分は知ってる方は多いと思います。リコピンには抗酸化作用の強い成分でトマトが赤いのはリコピンが豊富に含まれているからです。抗酸化作用と言われてもわからない方が多いと思います、簡単に説明すると活性酸素がメラニンの元になるチロシナーゼ(皮膚のメラニン生成を引き起こす酵素)を働きやメラニンを閉じ込める酸化脂質の働きを助けるものになります。ひとことで言うと、リコピン(抗酸化作用)の敵はチロシナーゼ(メラニン、シミといった肌に良くない成分)です。

     

  • チロシナーゼは紫外線を浴び、活性酸素に触れることで活発になることがわかっています。過酸化脂質は脂質が活性酸素に触れることで生み出されますが、自然な状態の中では排泄されることはなく、この部分にメラニン色素が留まるようになると酸化します。結果的に肌は黒ずみ、それが沈着することでシミになるわけです。それに対して、リコピンはシミの原因になる活性酸素に対して、酸化した脂質等を元通りにすする働きがあります。その際の抗酸化力は人参に含まれるβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍とも言われてます。
  • シミ予防をしたいなら、トマトジュースを好きになるところから始めていきましょう。リコピンの摂取は生のトマトを食べるよりトマトジュースから摂取するほうがはるかに効果的と言われてます。

お茶(カテキンの効果)

日本人の最も身近な飲み物といえばお茶だと思います。その、身近な飲み物過ぎて美肌には関係ないと思ってた方は多いと思います。お茶には様々な効果があります。

緑茶

  • ポリフェノールの一種類で抗酸化作用のあるカテキン
  • 美肌づくりには欠かせないビタミンC
  • 抗酸化作用のある、肌のたるみにも効果のあるビタミンE

などと言った、エイジングケアになる作用があります。緑茶にはビタミンCが多く含まれているので、肌の水分量が減ることを防いでくれます。また、潤いと弾力性をもたらすコラーゲンになくてはならないビタミンで、メラニン色素の生成を抑制してくれる働きもあります。なので、美白効果が期待できます。

どくだみ茶

どくだみ茶は美容効果の高いお茶になります。例えば、ニキビ、アトピー、アレルギーといった様々な肌トラブルの改善効果が期待できます。どくだみの葉には、クエルシトリン、イソクエルシトリンのようなフラボノイド系の成分が含まれていますが、これは肌の健康を保持する働きを持っています。老廃物の排出や新陳代謝を進めることで、肌質を改善します。

烏龍茶

烏龍茶は日本でも馴染みのあるお茶ですが、台湾の凍頂山周辺で製造されたお茶で肌の保湿、アレルギーを抑え込む効果があります。烏龍茶には美肌には欠かせないビタミンCが多く含まれてます。その他にも抗酸化物質であるポリフェノールも多く含まれています。

美容ドリンク

最近注目を浴びているのが美容ドリンクです。コンビニや通販で簡単に購入して飲むことができるので、誰もが美肌を手にすることができる飲み物になります。美容ドリンクは即効性と吸収性が良いことから人気を集めているようですが、自分に合った美容ドリンクを選ぶようにしましょう。よく目にするのは、プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、オルチニン、シアル酸が多いと思います。あなたに不足したものを選ぶようにして摂取するようにしましょう。

美肌に悪い飲み物

カフェイン

カフェインには利尿作用があります。カフェインが含まれている、コーヒー、紅茶、コーラなどと言った飲み物はトイレが近くなり排泄する回数が増えます。その、影響で水溶性のビタミンCの排出量も比例して増えます。ビタミンC以外にもミネラルも排出してしまうので美肌を維持するための栄養不足に陥る自体になりかねません。と言って、飲んでいけないものではないですが飲み過ぎには注意しましょう。

アルコール

アルコールは会社の飲み会や人間関係を円滑にする役目があると思います。アルコールを飲む機会が多い方の中で美肌になりたいと思ってる方は飲み過ぎには注意が必要です。アルコールを摂取しすぎると、肝臓にかなりの負担が掛かります。肝臓に損傷を与えることで、体内の多臓器にも影響します。

例えば

  • シワ
  • ニキビ
  • ハリのない肌
  • 炎症
  • たるみ
  • 乾燥肌や目の周辺のくま

といった、影響が出てきます。お酒はストレス発散で飲む方もいてると思いますので飲んではいけないということではなく飲み過ぎが良くないのであって、たくさん飲む方は少量でも楽しめるように量をへらす努力をしてみましょう。

糖分

糖分は疲れた時や甘いものが好きな方にはなくてはならないものですよね。ただ、糖分も摂りすぎると美肌までの道のりが遠くなります。糖分は体内で消化された後、グルコースに変換されます。この、グルコースはコラーゲン、エラスチンといった美肌には必要不可欠な物質と結合してコラーゲンなどを破壊します。その結果、肌のハリや艶がなくなったり、老廃物が皮膚に留まることになりくすみや、黒ずみの原因になります。

まとめ

美肌になる飲み物を継続して行くことが一番の近道になります。1日のんだからと言って美肌になるわけではありません。肌に栄養が行き渡り、老廃物を回収ができてこその美肌なので外側からのスキンケアだけではなく、内側からのケアも怠らないようにしましょう。ただ、飲み物だけで美肌になるわけではないので睡眠や食生活も改善する必要があります。継続できれば、周りから肌きれいになったねと言われるようなると思います。また、自分自身に自信が持てるようになり、お出かけするのが楽しくなると思います。

【髪をサラサラにする方法!】明日からできるサラサラの11の秘訣とおすすめのグッズ紹介!


スキンケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です