【便秘で悩んでる方必見!】解消すれば体が軽くなる!

その便秘解消方法は正しいものですか?多くの方が一度は悩んだことがある「便秘」。色々試してみたけどアレもコレも全然改善されなかったって方はたくさんいてると思います。この記事では、そんな方のために少しでも助けになればと思い書いていきます。

【寝起きを良くする方法】朝辛い方は必見!おすすめサプリ!

便秘の原因

便秘の原因としてまず考えられるのが、大腸の蠕動(ぜんどう)運動の低下です。便が大腸を通過するのに時間がかかると、水分が吸収され続け、コロコロした硬い便になるので、排便しづらくなります。便が直腸まで到達していても、忙しさなどで便意を逃すと、排便の回数が減ります。そのまま便が直腸にとどまった場合、“圧”がかかった状態に直腸が慣れてしまい、本来起こるはずの便意が起きにくくなることもあります。改善するには、生活習慣の見直しが最も効果的です。中でも覚えておきたいのが、便をつくるには十分な材料が必要だということ。無理なダイエットなどで食事を抜く生活を続ければ、便の材料が不足し、腸の蠕動運動が起こりにくくなります。1日3食の規則正しい食生活を心がけ、便の嵩(かさ)を増やす食物繊維と適度な水分を摂るようにしてください。

便秘解消のコツ

コツ1 朝ご飯を食べくつろいで、便意が来たらすぐにトイレに行く

そのためには、朝に時間を取れるようにしないといけません。寝坊やいつも仕事行く前に時間が取れなくてバタバタしてる人は生活習慣から見直しましょう。便意は通常1日に1~2回ほど来ます。そのタイミングは人それぞれ異なりますが、便意が来るタイミングをコントロールすることはできます。ただ、それには生活習慣を見直す必要があります。毎日決まった時間にトイレスケジュールを立ててその時間に合わせてトイレにいきましょう。

関連記事のIDを正しく入力してください

コツ2 便座に座ってる時の姿勢や力み方を工夫

便意が来てトイレに来たけどなかなか出ない。ということはよくあると思います。直腸から肛門にかけては、便が漏れないように角度がついています。なので少し体を前かがみにすると、角度が広がり便が出やすくなります。便意が来ても中々出ない方は一度試してみてください。それでも便が出ない場合は、力みを分散させないように会陰部を押さえると、腹圧が肛門だけにかかるので、出やすくなる可能性があります。

コツ3 1分でできる腹筋運動

腹筋が弱いと、便をスムーズに押し出しにくくなります。筋力を強化するという意味では、普段から運動する習慣を身につけておくのが一番です。ストレスの解消にもつながります。朝晩はベッドでできる簡単な腹筋運動をしてみるのは如何でしょうか?

コツ4 体を冷やさない・お腹を温める

寒さや冷えがストレスになり、交感神経が優位になることで、腸の活動に影響を及ぼしている場合があります。冷えが気になっている人は、重ね着や使い捨てカイロの活用などで冷えを防ぐ工夫をしてみましょう。消化・吸収が活発に行われるのは、リラックスして副交感神経が優位になっているときです。体を温めて血行を促したり、ほっとリラックスしたりすると、副交感神経が優位になり、腸の働きを整えることにつながります。蒸しタオルでお腹を温めるのもおすすめです。

まとめ

適度な運動をし、こまめに水分補給をして栄養のある食事を3食きちんと摂り、ストレスを溜めないことです。全部をいきなり変えることはもちろんできるとは思いません。一度に、今の生活習慣を変えて慣れないことをしてストレスを貯めてしまったら本末転倒です。なので、あなたができることから始めてみて、少しづつでいいので改善できるようにしていきましょう。便秘は辛いものですが、改善できたら今の苦しみから開放されると思って頑張ってみましょう。

【寝起きを良くする方法】朝辛い方は必見!おすすめサプリ!


スキンケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です