【間違った洗顔してませんか?】

洗顔方法って自己流で良いのかな、今の洗顔の仕方は合ってるのかな?と疑問に思っていませんか?洗顔とは、美しい肌のための、もっとも基本的なスキンケアです。洗顔がきちんと行えていないと、ニキビやさまざまな肌悩みに繋がりやすくなります。今回は、やってはいけないNG洗顔方法や、丁寧な洗顔の仕方などをご紹介していきます。

自分の匂いって気になりませんか?おすすめ対策クリーム&スプレー!

やってはいけない方法

下記の方法で洗顔をしてる方は注意が必要です。

①冷水もしくは熱いお湯で洗っている
②泡立てネットを使って、少ない水で泡立てている
③おでこや鼻など「ゴシゴシ」と擦るように洗っている
④2分以上かけて洗顔をしている
⑤タオルで擦るように拭いている
⑥洗顔料は洗顔後にしっとりする事だけを重視している
⑦1日に3回以上洗顔している
⑧ニキビができた時、いつもよりしっかり洗顔している

冷水もしくは熱いお湯で洗っている

冷水で洗うと毛穴が引き締まるように感じている方は多いともいます。しかし、それは急激な冷えによって一時的に毛穴が縮んでいるだけです。また、集めのお湯を使うことで皮脂などの汚れは落ちやすくなりますが、皮脂を落としすぎて乾燥などの原因になることもありますので熱すぎるお湯ではなくぬるま湯で洗うようにしましょう。

泡立てネットを使って、少ない水で泡立てている

泡立てネットを使うと水をほとんど使わずにたくさんの泡を立てることができると思います。見た目はもこもこしたボリュームのある泡でも、適切な量の水が含まれていないと、肌への摩擦が起こしやすく肌に負担がかかります。なので、泡立てネットを使う場合は水を多めに使って泡を作るようにしましょう。

おでこや鼻など「ゴシゴシ」と擦るように洗っている

洗顔の際にゴシゴシとしっかり洗う方は多いと思いますがそれはNGな方法です。何故かと言うと肌に急激な負担を与えてるからです。一生懸命に洗っても乾燥を招いてしまって悪い事続きになります。特に目元、口元は皮膚が薄くなってるので優しく洗ってあげましょう。

2分以上かけて洗顔をしている

洗顔の時間は1分くらいを目安にするように心がけましょう。それ以上の時間を掛けて肌に洗顔料を付けて洗っているとかえって肌に負担がかかります。一分で終わるように洗顔の仕方をみなしてみてはどうでしょうか?

タオルで擦るように拭いている

タオルでしっかり顔を吹いてる方は注意が必要です。先程、洗顔の泡でさえ摩擦が起きて肌に負担がかかるとお伝えしましたが、タオルはその何倍ものの摩擦が掛かるので当然肌にはよくありません。なので、肌に押し当てる感じで拭くように心がけましょう。

洗顔料は洗顔後にしっとりする事だけを重視している

洗顔後にする美容液を使ってしっとりさせてる方はたくさんいてると思います。しっとりさせるだけのために洗顔をないがしろにしてませんか?洗顔料の主な成分は皮脂を洗い流すことです。洗顔料に含まれている保湿成分や美容成分に着目するのもいいですが、そこにこだわりすぎないようにしましょう。本来の目的が果たせなくなります。

1日に3回以上洗顔している

肌が脂っぽくて1日に何回も洗顔をしてませんか?1日に何回もしてる方は明日からは辞めましょう。何故かと言うと、肌にはある程度の皮脂が必要になります。過度な洗顔によってその皮脂を落としすぎると肌は乾燥肌になりやすくなります。それを繰り返していると肌は乾燥を和らげようと、皮脂量を増やしてしまいさらに肌が脂っぽくなりやすくなります。なので、洗い過ぎは注意が必要です。

ニキビができた時、いつもよりしっかり洗顔している

ニキビができたらいつも以上に洗顔に気を使うようになりますよね?私も、昔はニキビの箇所を重点的に洗っていましたが実はこれ、間違っているんです。何故かと言うと、肌にもニキビにも大きな負担がかかってしまい悪化する恐れがあるからです。ニキビができてもできるだけ負担を掛けないようにしましょう。

自分の匂いって気になりませんか?おすすめ対策クリーム&スプレー!


スキンケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です