【正しい化粧水の使い方?】知ってますか?

あなたは化粧水の付け方を気にしたことはありますか?洗顔に関しても正しい洗い方があるのは知ってますか?今回の記事では、正しい化粧水の使い方を紹介できればと思います。間違った方法で化粧水を使ってる方は今日から直していきましょう。

【髪をサラサラにする方法!】明日からできるサラサラの11の秘訣とおすすめのグッズ紹介!

化粧水の付け方

 

化粧水をつける時はいつもどのように付けてますか?コットンを使ってなじませたり手で付けてる方もいてると思いますがどちらが正しいのでしょうか?結論から言うと、どちらも間違いではありません。ただ、正しい付け方があるので今回の記事ではその、付け方を覚えて実践してみてください。

手で付ける場合

まずは石鹸やハンドソープなどで手を綺麗にしましょう。

①適量の化粧水1/2~1/3を両手で温める

適量の化粧水1/2~1/3を手に取り、温めるように手のひらで広げます。適量を一気につけるよりも2回か3回に分けて付けたほうが肌に馴染みやすく浸透しやすくなります。

②手のひらで顔全体に化粧水を馴染ませる

手のひらで顔全体に化粧水を伸ばします。この時に、乾燥しやすいUゾーンからTゾーンの順で馴染ませていきましょう。面積の大きい所は手のひらで、目元や鼻の脇などは指の腹で時間を掛けて馴染ませましょう。

③細かい部分やあなたが気になってる所は重ね付けをする

更に適量の1/2~1/3の量の化粧水を手に取り、目元や鼻などの細かい部分や、気になっている箇所、乾燥している箇所に重ね付けをしていきます。重ね付けする際は指の腹を使って丁寧に押さえるように付けましょう。

④ハンドプレスをする

適量を馴染ませた後に両手で顔全体を包み、15秒ほどハンドプレスをします。ハンドプレスを行うことで今までに化粧水の魅力をさらに感じることがで着ると思います。肌に有効成分を押し込む感じでゆっくりハンドプレスをするようにしましょう。

⑤肌に馴染んでるか確認

最後に手のひらや後で肌に触れてみて、肌に馴染んだかどうか確認します。その際に、手にピタッと肌が吸い付く感じがあれば、肌に化粧水が馴染んでいるということになります。

コットンで付ける場合

コットンは、人差し指を小指、もしくは人差し指と薬指で挟んで持ちましょう。

①コットンに適量の化粧水をつける

コットンに適量の化粧水を付けて、コットン全体に馴染ませます。コットンの裏側が少し濡れるくらいが目安なので、量の調節はおまかせします。

②顔の中心から外側に向かって塗布する

コットンを、顔の中心から外側に向かって丁寧に押し当てるようにして、化粧水を付けて馴染ませていきます。化粧水を塗布した後、コットンに化粧水を足してコットンパックするのもオススメです。

③ハンドプレス

適量を馴染ませた後に両手で顔全体を包み、15秒ほどハンドプレスをします。ハンドプレスを行うことで今までに化粧水の魅力をさらに感じることがで着ると思います。肌に有効成分を押し込む感じでゆっくりハンドプレスをするようにしましょう。

④肌に馴染んでるか確認

最後に手のひらや後で肌に触れてみて、肌に馴染んだかどうか確認します。その際に、手にピタッと肌が吸い付く感じがあれば、肌に化粧水が馴染んでいるということになります。

 

化粧水は手とコットンどちらが良いのか?

それぞれ、間違ってる方法ではないので、どちらの方法でも良いのですが、それぞれのメリット、デメリットを読んでみてからどちらがあなた自身に合った方法なのか選んでみて試してみてください。

手で付ける場合のメリットとデメリット

手で化粧水を付ける場合のメリット

・肌への摩擦による刺激が少ない。
・手の温度で肌が温まるため、肌へのなじみがよくなる。
・直接触れることにより、肌の状態が確認できる。

手で化粧水を付ける場合のデメリット

・手の凸凹による、化粧水の塗り残しが起きやすい。
・手の体温で、化粧水が蒸発してしまう。
・手の雑菌が、肌に付きやすい。
・収れん化粧水には向いていない。

コットンで付ける場合のメリットとデメリット

コットンで化粧水を付ける場合のメリット

・凹凸がないので、肌の細かい部分まで均等に、化粧水が行き渡る。
・化粧水の蒸発を防げる。
・コットンパックとしても使える。
・衛生的に使える。

コットンで化粧水を付ける場合のデメリット

・コットンの繊維が、肌に負担となることがある。
・化粧水の使用量が多くなりがち。

まとめ

手でもコットンでも化粧水を付けるの良いのですが、いちばん大事なのは自分の肌に合った化粧を選んで、正しく付けることです。高い化粧水を買ったとしても自分の肌に合わなければ肌に負担を掛けて様々な肌トラブルを引き起こすかもしれません。自分に合ったものを使うようにしましょう。


【髪をサラサラにする方法!】明日からできるサラサラの11の秘訣とおすすめのグッズ紹介!


スキンケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です