【気になる唇の乾燥対策!】明日からプルプルのリップに!?

肌の乾燥対策や、ケアなどはしっかりしていてもついつい見落としてしまう唇。せっかく艶のある肌でも唇がカサカサだとイメージや、印象が悪くなります。グロスや口紅も綺麗に乗らなくなります。なので、今回の記事では唇の乾燥対策を書いていきます。

気になるたるみとむくみを改善してくれる化粧品?

唇が乾燥する原因

唇には脂肪腺や汗腺がほとんどないため、自力で潤いを与えなければなりません。女性の方は特に口紅やグロスで乾燥に気づきにくくなり、ケアを怠ってしまい乾燥の原因になります。そのまま、油断するとどんどん乾燥が進んでいき悪化します。せっかくお出かけの時にお化粧で綺麗になっても唇がひび割れてたりするとイメージダウンになりますので唇のケアもしましょう。

唇が乾燥する主な原因

  • 食品による刺激
  • 外出時に唇に当たる紫外線
  • エアコン、暖房、冬の外の外気による乾燥
  • 自分の肌に合わないグロスや口紅の影響

上記ですでに書きましたが、唇には脂肪腺がないため水分蒸発を防ぐ油膜がありません。また、角層も薄いため乾燥するとどんどん症状が進行して悪化していきます。肌の乾燥が気になる季節は唇はそれ以上に乾燥してる場合があります。なので唇のケアも怠らずにしましょう。

リップの成分を見極める

唇の乾燥のケアを行っているのにも中々潤わないことはありますよね。その時に注意してほしいのが使ってるリップです。どれも同じだと思ってはいけません。リップにも種類があります。

  • 化粧品・・・化粧品に分類されるリップは副作用のリスクが少なく、潤い効果は低い。
  • 医薬部外品・・・効果抜群ですが副作用のリスクが高まり、値段も割高ですが「唇の荒れを治す目的で作られている」ので相応の効果が期待できます。
  • 第三種医薬品・・・「化粧品」と「第三類医薬品」の中間的存在です。

唇が荒れたり、潤いがないなと感じた時にリップを買おうと思ってる方は、今の症状と照らし合わせて購入するようにしましょう。

リップは縦に塗る

リップを塗る時、横にスライドする感じで塗っていませんか?唇のシワは縦方向なのでキメに沿って塗ると唇の負担も軽減されます。有効成分の浸透力も高まります。気温が低い時などは、リップクリーム自体が固くなっていることがあります、5秒ほど唇に当ててリップの表面を温めてから塗ると浸透効果がアップします。

寝てる間にプルプルした唇にする方法

明日は彼との大事なデート、合コンがあるという時に限ってお肌の調子や唇がカサカサしてる時ってありますよね。その時の対策をお伝えします。

リップを塗る前に余分な皮を取り除く

剥げかけてる唇の皮は気になりますよね。無理に引っ張って取ることは絶対にしないでください。粘膜ごと一緒に取れる可能性があります。そこで、余分な皮を取り除く方法を教えます。

  • 入浴や蒸しタオルを当てて唇を柔らかくする
  • ワセリンをたっぷり塗る
  • 浮いた革がしっとりと柔らかくなるまで待つ

余分な皮脂を除去することによって、リップなどの保湿力の浸透力は数倍になります。

ラップとマスクで保湿成分を浸透させる

即効性で期待できるのはこの方法になります。ハチミツとワセリンを使った対策です。簡単にできて、材料もすぐ揃い、刺激が少ないので敏感肌の方にもオススメです。

  • 蒸しタオルか、お湯の蒸気を唇に数分間当てる
  • ハチミツとヴァセリンを同量ずつ混ぜて唇に塗る
  • 食品ラップで唇を覆い、そのまま5~10分パックする
  • ラップをはずし、ティッシュや蒸しタオルで優しく拭き取る
  • 唇をカバーするようにヴァセリンを塗る

長くパックしても効果は変わらないので、長くても10分くらいを目安にしてみてください。

まとめ

唇はあなたが思っているより乾燥していて、乾燥しやすいです。なので、肌のケアをする時に一緒にケアしてあげてください。そうすることによって、お出かけや大事な日に自信を持って行けると思います。

気になるたるみとむくみを改善してくれる化粧品?


スキンケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です