【アンチエイジングってよく聞くけど、意味って知ってる?】その2

前回の記事の続きになります。まだ、その1を読んでない方は下記から読めるようにしておきますので、読んでみてください。

【寝起きを良くする方法】朝辛い方は必見!おすすめサプリ!

今回は、前置きはなしで書いていきます。

アンチエイジングと生活習慣

老化の原因の1つである活性酸素。それが体内に増えていく要因は、生活習慣が大きく関係してきます。例えば、睡眠不足、偏った食生活、喫煙、過度のアルコール摂取等です。また、活性酸素は免疫機能にも関係しています。活性酸素が免疫細胞を傷つけて免疫力を低下させることで病気のリスクを高める可能性があります。さらに、細胞を変性させて細胞の老化やガン化を引き起こす可能性もあります。糖尿病や、心筋梗塞、脳梗塞といった大きな病気も活性酸素が原因と言われてます。

アンチエイジングの効果的な方法

理想はバランスの取れた食事、正しいスキンケア、適度な運動、質の良い睡眠、ストレスを溜めない生活を習慣化することがアンチエイジングに繋がります。この生活習慣をできるようになれば、体も健康になり、お肌も綺麗になり、毎日清々しく過ごせるようになると思います。

適度な運動

適度な運動はお肌には欠かせない物になります。幸せのホルモンと言われている、セロトニンが分泌するようになったり、美肌・若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンも多く分泌されるようになったり、血行を良くしたりしてくれる効果があります。成長ホルモンの分泌や血行がよくなると、ターンオーバーによる肌細胞の生まれ変わりが促進され、肌の老化防止、きれいな肌を持続させることにつながります。セロトニンは脳内伝達物質で、心にやすらぎを与える役割があります。セロトニンを分泌することでストレスに強くなり、吹き出物などの肌荒れを改善してくれる効果もあるのです。

良質な睡眠

睡眠は人間にとって大変重要な役割があります。睡眠中に成長ホルモンを分泌し、肌の新陳代謝を活発にして、ハリ、ツヤ、うるおいを取り戻してくれる働きがあります。また、睡眠には記憶を定着させ、学習能力を整理する作用があるといわれており、よい睡眠で、知的能力のアンチエイジングにもつながると考えられています。[st-card id=2470]

アンチエイジングと美容

ここからは皆さんが、お待ちかねの美容に関することになります。他の記事で美容の事をたくさん書いてるので、すでに読まれてる方は流し読みで読み進めて、忘れていたことがあれば明日から気をつけていきましょう。

洗顔の基本

洗顔の基本は肌の清潔、乾燥対策、紫外線対策の3つになります。アンチエイジングにおけるスキンケアの基本になります。

洗顔は泡で肌を洗うようにする

洗顔は、洗顔料を泡立て、肌をこすらないように泡で洗うようにしましょう。あの、柔らかい泡でも摩擦があります。肌に摩擦の負担はよくなく、シミや肌荒れの原因になる可能性があります。

化粧水はこすらずに、馴染ませる感じで

化粧水は手で付ける方とコットンを付ける方で分かれると思います。(化粧水の使い方はコチラ)今回は手で付ける方法で説明していきます。まず、手に化粧水を伸ばし、顔全体に馴染ませます。肌を強くこすらないようにしましょう。コットンや手でのパッティングは止めましょう。肌の表面が傷つき、シミや赤ら顔の原因になります。

セラミド配合の美容液を使う

セラミドは配合の美容液は、保湿力に関してはかなり高い効果を期待できます。また、肌の表面の角質細胞同士を繋いでくれる脂質の一種であるセラミドは肌の潤いをキープしてくれます。セラミドは肌内部で作られますが、加齢とともに減っていくため、外から補うことが必要になります。若いからといって、ケアを怠ると将来シミや肌トラブルの原因になりますので、肌の手入れは今からしておきましょう。セラミド配合の美容液を購入する時は「セラミド2」、「セラミド3」と成分表に記載されてるものを選ぶようにしましょう。

UVケアは一年中が基本

紫外線対策は日差しの強い夏だけしかしてないって方はたくさんいてると思います。太陽光に含まれる紫外線には肌の老化を進める原因の1つになります。冬の日差しが弱いときでも紫外線はあります。紫外線を肌に直接浴びると肌の内部でメラニン色素が作られ、肌の色が濃くなります。これが、日焼けになります。日焼けを繰り返していると、シミになってしまいます。さらに、紫外線が肌の奥に達するとコラーゲンを破壊し、シワの原因になります。

紫外線対策

普段から紫外線対策はするようにしましょう。最近では、UV対策がなされた日常で使える基礎化粧品やファンデーション、持続性の高い専用の日焼け止めを使いましょう。日焼け止めを選ぶ際は成分表をよく見て選びましょう。(日焼け止めの選び方はコチラ)

【寝起きを良くする方法】朝辛い方は必見!おすすめサプリ!


スキンケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です