【ストレスは様々な病気を招く?】ストレスは溜めたらダメ!

ストレスは体のと心の様々な病気や症状を招くことがあります。皆さんはどのようにしてストレスを発散してますか?人それぞれ発散方法は違うと思いますが。自分で発散できてるのであれば大丈夫ですが、なかなか発散できない時もありますよね。その時もできるだけ、溜めないように心がけましょう。

関連記事のIDを正しく入力してください

ストレスが原因で発症する病気

ストレスは溜めないことが一番ですが¥。人間生きている限りストレスは貯まります。日常の些細なことや、会社の上司に怒られたり、失恋したりと様々なことでストレスは溜まっていきます。それを、上手に発散できるかできないかで身体にかかる負担が変わってきます。

代表的な症状

偏頭痛と緊張型頭痛。この症状はどちらもストレスが影響して引き起こしてる可能性があると言われてます。特に、首から肩にかけての筋肉の緊張が原因の緊張型頭痛では、筋肉を緩めたり気分転換をしてリラックスする事が大切です。また、体がフワフワする感じになるめまいは、ストレスが関係してる事が多いとされています。喘息(ぜんそく)、アトピー性皮膚炎といったアレルギーの病気もストレスによって悪化したり起こりやすくなります。さらに、高血圧、心臓病、胃痛、下痢、便秘、腰痛、更年期障害といった様々な病気がストレスの影響で悪化することもあります。

ストレスは心の問題?

ストレスなどの心の問題が大きく影響し、体に症状が現れる病気を心身症といいます。体に症状があれば内科や痛い所を見てもらえれば治る事が多いですが、心の病気である心身症に関しては心療内科にかかってみるのお勧めします。体のどこか痛いわけでもないが苦しい時は是非、心療内科に行って診てもらってください。

ストレスを感じた時は脳を意識的に切りかえる

自律神経失調の症状がある多くの方は、ストレスを抱えていて悩みが頭の中でグルグル回っています。ふとした時にストレスになっている仕事や人間関係等で頭がいっぱいということはあると思います。どうせなら楽しいことを考える癖を付けるようにしましょう。楽しいこと、好きなこと、リラックスできることを考えるようにしてるとストレスが緩和されてストレスが溜まりにくくなります。

うまくいかなくても、次はうまくいくこともある

レッテル貼りを止める

うまく行かなくて失敗をした時に自分にネガティブなレッテルを貼ってしまうことはありませんか?うまく行かなくてもその失敗を糧にして努力すれば少しは成長して状況が変わると思います。落ち込んでる時間があるなら次に活かせることにすぐ取り組むようにしましょう。

何もかも自分に関連付けない

悪いことが起こったり失敗した時、自分に責任がない場合でも、自分のせいにしてしまう思考パターンがあります。他の人が仕事で失敗しているのを見て、自分が助けてあげれなかったから失敗してしまったんだと言うように、他人がやってしまったことに責任を感じすぎていけません。他人に100%の影響を与えることはできないのですから、助けれなかったから失敗したと決めつけてしまうのは飛躍した理論です。

まとめ

ストレスは心と体に多くの影響を及ぼします。ストレスを溜まったままにしてると体の調子が悪くなり、やる気が出なくなります。そうなってしまうと、人間関係や仕事でのトラブルが増えてくると思います。なので、定期的に自分の好きなこと、趣味などで発散するようにしましょう。

関連記事のIDを正しく入力してください


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です