【美肌男子はモテる!】男性のための美肌特集

[voice icon="http://susuyogore.site/wp-content/uploads/2019/04/1062007.jpg" name="美肌ウーマン" type="l icon_yellow"]どうも、美肌ウーマンこと、紗希です!今日も皆さんお肌の調子はどうですか?美肌とお金を手に入れるために今日も頑張っていきましょう![/voice]

今回は、初男性に向けた記事になります。最近の男性は化粧したり何かと肌の手入れをしてる方が増えてきたと思います。そこで、この記事では美肌に慣れるようにアドバイスしていきたいと思います。

自分の肌質を知ろう!

男性の方だと、顔が皮脂でテカテカしてたら嫌ですよね。しかし、男性の肌は女性の肌よりも乾燥しやすい性質があります。テカリやニキビが気になっていても、それは乾燥が原因で引き起こされているなんていうことも。また、肌細胞はどんどん生まれ変わり繰り返しているため、肌質もその時によって変改していきます。定期的に肌診断をして正確に自分の肌質を知りましょう。

肌質の種類

普通肌

普通肌は、表皮の皮脂分泌量と肌内部の水分保持量バランスが良く、健康的な肌の状態のことです。キメも細かく整っていて肌が美しく見えます。しかし、正しい保湿ケアをしていないと乾燥しやすく、部位によっては皮脂が多く分泌されたりするので毎日の丁寧なスキンケアは必須になります。

  • スキンケア方法

特に肌トラブルがないと、洗顔もおろそかになりがち。でも汚れはどんな肌質の人にも平等に付着するもの。しっかり泡立てた弾力のある泡で、清潔な肌を保つようにしましょう。また肌の調子がいいからと言って肌のメンテナンスを怠ると、季節や体調の変化で肌のコンディションが崩れることがあるので油断は禁物です。基本的なケアを毎日継続して、今の肌を維持していきましょう

乾燥肌

乾燥肌は、肌の水分が枯渇している状態男の肌は女性に比べ、水分蒸散量が 2 倍以上多く、肌内部の水分量が 1/2 以下であることがわかっています。ただでさえ肌が乾燥しやすい上に、正しいスキンケアを行えていない人が多いため、「男が悩む肌トラブルの最も多い原因は乾燥である」とも言われているほど。実は過剰な皮脂分泌によるテカリや大人ニキビも、肌の乾燥が原因のひとつなのです。

  • スキンケア方法

熱いお湯は皮脂を取りすぎてしまうので、肌より低い温度のぬるま湯(34~36度くらい)で洗うことを心がけましょう。また週に1~2度、フェイスマスクで集中的に保湿をして、定期的に肌を潤いで満たしてあげるのも乾燥肌対策には効果的です。特にカサつくときは、乳液洗顔もおすすめ。皮脂汚れを落としながら保湿することができます。

脂性肌

脂性肌は、一目見てわかるほど脂分が多い肌質だということです。どの肌質でも少なからず皮脂は分泌しますが、脂性肌の場合はTゾーンのテカリが特に目立ち、触るとベタつきすら感じます。また毛穴が汚れやすく、毛穴の黒ずみやコメドができやすいです。

  • スキンケア方法

ベタつきが気になる人が陥りがちなのが、刺激の強い洗顔や洗いすぎ。過剰な洗顔や摩擦で傷ついた肌はバリア機能が低下し、外気や紫外線などの刺激から自らを守ろうとして、より皮脂分泌を盛んにさせてしまいます。またあぶらとり紙の使い過ぎにも注意です。ティッシュ1枚をテカリが気になる部分に乗せ、軽く抑える程度にしましょう。

混合肌

男に多いと言われる混合肌タイプは、顔の部位によって乾燥していたり、脂っぽかったりする性質が特徴皮脂分泌の盛んなTゾーンはテカっているけれど、毎日のシェービングで負担のかかるUゾーンは乾燥している…少々やっかいな肌質です。

  • スキンケア方法

混合肌タイプは、部位によってケア方法を変えてみましょう。洗顔時はTゾーンは他の部位よりも念入りに洗い、化粧水はUゾーンを二回つけて。最後の乳液はTゾーンを少なめに、Uゾーンはしっかり塗って、しっかり保湿することを忘れないようにしましょう。また乾燥が気になる部分だけを重点的に保湿ケアするのも効果的。化粧水をヒタヒタに含ませたコットン1枚を3 ~ 4枚に薄く裂き、乾燥の気になる目元や頬などにのせて5 ~ 7分ほど放置して、潤いをしっかりチャージしましょう。

まとめ

まずは自分の肌の特性を見極めましょう。それから、肌に合った化粧水や美容液を使うようにしましょう。肌が汚いより綺麗な方が印象もいいし女性からも褒められることもあるでしょう。男はそんなことしなくてもいいと思われてる方もいてると思いますが、綺麗な方が営業や仕事でも役立つかもしれませんよ。


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です