【オーガニックで肌を育てよう!】常在菌って知ってますか?

オーガニックで肌を綺麗にできることは知ってますか?肌の常在菌を育てて綺麗で強い肌にしましょう。今回は、オーガニック中心の記事を書いていきます。肌荒れ、化粧を良くする方は読んでみてください。

関連記事のIDを正しく入力してください

肌の常在菌って何?

常在菌って何って思われる方はたくさんいてると思います。常在菌というと、腸の中にいる善玉菌と悪玉菌が思い浮かびますが、実は皮膚にも様々な菌が住んでいます。皮膚常在菌には、肌の表面を常に弱酸性に保ち、雑菌や病原体から肌を守ってくれたり、皮脂を分解して皮脂膜を作る働きをしてくれる菌がいます。この菌はお肌にとって良い働きをしてくれる菌です。肌が乾燥しないのは、この良い菌の働きによって、天然のクリームと言われる皮脂膜をつくり出し、保湿をしてくれているからです。一方で、アルカリ性を好み、吹き出物などの肌荒れを起こす悪い菌もお肌にはいます。美肌を保つためには、良い菌が住みやすい弱酸性の肌環境を作ってあげることが最も大切なのです。

そして良い菌は、皮脂や汗を餌にして弱酸性を保っています。しかし、過剰な洗顔や間違ったスキンケアによって、皮脂は根こそぎ取り除かれ、良い菌が増えにくい肌環境になり、挙句の果てには良い菌を死滅へと追いやってしまっているのです。洗顔・基礎化粧品・メイクアップのすべてに使われている合成防腐剤。バクテリアやカビを防ぐために必ず使用されていますが、毒性の強い防腐剤ほど菌に強く、防腐効果が高くなります。その他に、アルコールや保存料の殺菌剤も、化粧品には含まれています。

常在菌も菌の一種なので、日常的に強力な防腐剤や殺菌剤をお肌に与え続けた場合、滅びてしまいます。美肌に少しでも近づきたいのであれば、毒性の強い防腐剤や殺菌剤が入ったものではなく、お肌に優しく、常在菌(良い菌)が住みやすい環境を整えてあげることが大切です。

オーガニックのスキンケアを使って肌を育てる

お肌の老化の原因に、「与えすぎ」という事が挙げられています。以前にも記事でお伝えしましたが肥満肌になると肌が怠けて本来の働きをしなくなります。

多くの化粧品は、コラーゲンやヒアルロン酸などの分子量の大きい成分を肌の奥まで送り届けるために、肌のバリアゾーンを破壊して過剰にお肌に与えようとします。その直後は確かに潤うかもしれませんが、水分を保つ皮脂膜を壊しているために持続しません。それでは困るので、合成ポリマーなどの成分を配合しておいて、人工的な皮脂膜をつくり、肌が潤っているように見せかけています。

しかし、肌には常在菌(良い菌)が存在しており、菌のチカラで天然の皮脂膜を作ることが可能なのです。それなのに、そのことを知らないがために、合成防腐剤・殺菌剤で菌を殺して自分の力で皮脂膜を作れない状態にしています。これを続けると、お肌は本来持っている機能を発揮する機会が奪われ続け、やがて衰え始めます。

そして、肌は自分の力では潤うことができなくなり、もっとたくさん与えなければと、お肌によくない成分がたくさん入った化粧品を使い続けなくてはいけなくなります。しかし、自分が本来持っているお肌の力を手助けしてくれるオーガニックのスキンケアに出会ったことで、私のお肌は鍛えられるようになります。

まとめ

オーガニックというとお肌に優しいというイメージがありますが、自然成分を配合しているので、ケミカルの製品よりもアレルギー反応は出やすいです。オーガニックは優しいわけではなく、むしろ強いです。野原で、農薬の力を借りずに自分の力だけで虫から身を守っているのですから、弱いはずがありません。むしろ強い生命力に溢れています。植物の生命力を借りて、お肌を鍛えるという考え方が正しいと思います。オーガニックの成分が合わないというのは、花粉症のアレルギーのようなものなので、あわない場合は他のものに変えるなど、工夫が必要になると思います。

関連記事のIDを正しく入力してください


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です