【オーガニックで肌を育てよう!】おすすめオーガニックコスメ!

オーガニックで肌を綺麗にできることは知ってますか?肌の常在菌を育てて綺麗で強い肌にしましょう。今回は、オーガニック中心の記事を書いていきます。肌荒れ、化粧を良くする方は読んでみてください。おすすめのオーガニックコスメも紹介してますので最後まで読んでみてください!

肌の常在菌って何?

常在菌って何って思われる方はたくさんいてると思います。常在菌というと、腸の中にいる善玉菌と悪玉菌が思い浮かびますが、実は皮膚にも様々な菌が住んでいます。皮膚常在菌には、肌の表面を常に弱酸性に保ち、雑菌や病原体から肌を守ってくれたり、皮脂を分解して皮脂膜を作る働きをしてくれる菌がいます。この菌はお肌にとって良い働きをしてくれる菌です。肌が乾燥しないのは、この良い菌の働きによって、天然のクリームと言われる皮脂膜をつくり出し、保湿をしてくれているからです。一方で、アルカリ性を好み、吹き出物などの肌荒れを起こす悪い菌もお肌にはいます。美肌を保つためには、良い菌が住みやすい弱酸性の肌環境を作ってあげることが最も大切なのです。

そして良い菌は、皮脂や汗を餌にして弱酸性を保っています。しかし、過剰な洗顔や間違ったスキンケアによって、皮脂は根こそぎ取り除かれ、良い菌が増えにくい肌環境になり、挙句の果てには良い菌を死滅へと追いやってしまっているのです。洗顔・基礎化粧品・メイクアップのすべてに使われている合成防腐剤。バクテリアやカビを防ぐために必ず使用されていますが、毒性の強い防腐剤ほど菌に強く、防腐効果が高くなります。その他に、アルコールや保存料の殺菌剤も、化粧品には含まれています。

常在菌も菌の一種なので、日常的に強力な防腐剤や殺菌剤をお肌に与え続けた場合、滅びてしまいます。美肌に少しでも近づきたいのであれば、毒性の強い防腐剤や殺菌剤が入ったものではなく、お肌に優しく、常在菌(良い菌)が住みやすい環境を整えてあげることが大切です。

オーガニックのスキンケアを使って肌を育てる

お肌の老化の原因に、「与えすぎ」という事が挙げられています。以前にも記事でお伝えしましたが肥満肌になると肌が怠けて本来の働きをしなくなります。

多くの化粧品は、コラーゲンやヒアルロン酸などの分子量の大きい成分を肌の奥まで送り届けるために、肌のバリアゾーンを破壊して過剰にお肌に与えようとします。その直後は確かに潤うかもしれませんが、水分を保つ皮脂膜を壊しているために持続しません。それでは困るので、合成ポリマーなどの成分を配合しておいて、人工的な皮脂膜をつくり、肌が潤っているように見せかけています。

しかし、肌には常在菌(良い菌)が存在しており、菌のチカラで天然の皮脂膜を作ることが可能なのです。それなのに、そのことを知らないがために、合成防腐剤・殺菌剤で菌を殺して自分の力で皮脂膜を作れない状態にしています。これを続けると、お肌は本来持っている機能を発揮する機会が奪われ続け、やがて衰え始めます。

そして、肌は自分の力では潤うことができなくなり、もっとたくさん与えなければと、お肌によくない成分がたくさん入った化粧品を使い続けなくてはいけなくなります。しかし、自分が本来持っているお肌の力を手助けしてくれるオーガニックのスキンケアに出会ったことで、私のお肌は鍛えられるようになります。

おすすめオーガニックコスメ

 HANA organic(ハナ オーガニック)

HANA organicでは、肌の常在菌を壊さないように、植物性の洗浄成分や天然の香りを使用し、自立心性の乱れを整えています。このブランドのスキンケアシリーズは、85%以上がオーガニック原料。それぞれの年代で変わる様々な肌の悩みに対応できるように作られているので、肌のタイプや悩み別に自分に合う商品を見つけやすいところも魅力です。

  • アンチエイジング効果も高い、30代以上向けのオーガニックコスメを探している
  • 香りが良く「癒し・リラックス効果」もあるスキンケアが好き
  • 肌本来の力を高め、将来的にはシンプルなスキンケアで完結させたい
HANA organicでは、肌の常在菌を壊さないように、植物性の洗浄成分や天然の香りを使用し、自立心性の乱れを整えてくれる!

ドゥーオーガニック

do organicが提供する化粧品の特徴は、原料の原産国、特に国内に関しては都道府県までの情報を公式サイトに掲載していることです。原料の情報以外にも、ECOCERTというオーガニックの認証を取得していること、製品ごとに何パーセントがオーガニック由来であることも表示。ユーザーが安心して化粧品を選ぶことができるよう、できる限りの情報を公開しています。do organicの製品はどれもシンプルなパッケージで、インテリアにマッチするところもおすすめです。

  • 原材料について、徹底的に知りたい
  • スキンケアアイテムは、インテリアを格上げするような上品なパッケージのものが好き
  • 長い間多くの人に使われ、愛されてきた歴史ある製品のほうが安心できる
トリートメントオイル スムージング(美容液)肌なじみがいいサラッとしたテクスチャの、「トリートメントオイル スムージング」

 

THREE トリートメント エマルジョン

「THREE(スリー)」は、原料の品質にこだわったブランドです。オーガニック素材はもちろん、国産素材も贅沢に使用。お肌だけでなく心・身体もいたわるような、心地よい使用感のアイテムを追求しています。その中でも、数々のベストコスメを受賞する「トリートメント エマルジョン」は、乾燥で荒れがちな肌にたっぷり潤いを与えてくれる乳液です。

数々のベストコスメを受賞する「トリートメント エマルジョン」は、乾燥で荒れがちな肌にたっぷり潤いを与えてくれる乳液です。

WELINA ORGANIC COSMETICS(ウェリナ オーガニクス コスメティックス)

WELINAの製品はUSDAやECOCERTといったオーガニック認証を獲得している他、現在ではオーガニックよりもさらに理想的とも言われている「ワイルドクラフト」と言う自然農法で栽培する原料も使って製品づくりをしています。アマールカシリーズという、ココナッツ成分入りのスキンケア製品は赤ちゃんから大人まで、家族全員が使えておすすめです。

  • ハワイやフラの精神やモチーフが好き
  • ワイルドクラフトに興味がある
  • スキンケアアイテム選びは、パッケージの可愛らしさも大切にしている
ハワイ州の各島々から「オーガニック植物原料」や「海藻深層水」などを集め全てのアイテムに惜しみなく配合。植物由来のため肌への負荷が少なく、人の素肌の力を向上させます。

SHIGETA(シゲタ)

アフリカの大地で育つガルシニアコラという実から抽出した、抗酸化作用のあるコラフラボンの成分特許を持っています。この成分はスキンケアだけではなく、マッサージオイルやドリンクにも含まれていて、インナーケアもスペシャルにしたいという人におすすめです。

  • 女性の声に寄り添って丁寧に作られたスキンケア製品を使いたい
  • 「効くオーガニックブランド」を体感したい
  • ふっくら、しっとりした使用感が好み
植物についてのリサーチや、製品を作るための技術の研究、商品の開発、さらには包装までを自社工場で一貫して行っているのがSHIGETAの特徴です

まとめ

オーガニックというとお肌に優しいというイメージがありますが、自然成分を配合しているので、ケミカルの製品よりもアレルギー反応は出やすいです。オーガニックは優しいわけではなく、むしろ強いです。野原で、農薬の力を借りずに自分の力だけで虫から身を守っているのですから、弱いはずがありません。むしろ強い生命力に溢れています。植物の生命力を借りて、お肌を鍛えるという考え方が正しいと思います。オーガニックの成分が合わないというのは、花粉症のアレルギーのようなものなので、あわない場合は他のものに変えるなど、工夫が必要になると思います。

背中の吹き出物のちゃんとケアしてますか?おすすめボディソープ5選


スキンケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です