【美肌を作るためにしてはいけないこと!】スキンケアの誤解が肌を悪化させる?

今まで試していたスキンケアの方法が間違っていたらショックですよね?肌の手入れに熱心になるのは良いことなんですが、過剰にスキンケアをするとお肌を傷めてかえって悪化させる場合があります。入念なクレンジングによる肌の乾燥や、コットンの拭き取りによる炎症、化粧水による保湿効果への過度な期待など、スキンケアに関する誤解は多く、かえって老化を促進している可能性があります。今回は、間違ってスキンケアをしてる方に対して今すぐやめて欲しい事を書いていきます。

美肌を作るための方法

ルール1:クレンジングは30秒でささっとすすぐ

過剰なクレンジングは肌を傷める原因に。「クレンジング料は洗浄力が強いため、長くつけていると肌の中の貴重な保湿成分であるセラミドが奪われ、乾燥や肌荒れの原因に。メイクを浮かせることが目的なので、肌にのせてから30秒程度ですすぐのが目安です」

ルール2:固形石けんの泡で皮脂をしっかり取る

洗顔で皮脂を取りすぎると乾燥してシワになるという認識は逆。皮膚に残した皮脂は酸化し、それが毛穴を大きくしてシワの原因に。「界面活性剤を多く含む洗顔料は強すぎると肌を傷めるので、おすすめは固形石けん。泡のクッションを顔に転がすように洗いましょう」

ルール3:保湿は化粧水よりも有効成分入りの美容液で

化粧水たっぷりで保湿できるという認識にも落とし穴が。「化粧水の大半は水で、つけても肌にそれを保つ保湿成分がなければ蒸発してしまいます。保湿を目的にするなら、セラミドなどの保湿成分が入った美容液を使いましょう。化粧水は省いても問題ありません」

美肌を作るためにしてはいけないこと

1:化粧品をつけるときにコットンを使わない

コットンを使ったパッティングや拭き取りを続けていると、摩擦や刺激によって長年の間に肌が黒ずむ原因に。「手でつけると化粧成分を手が吸い取ってしまうというのは誤解。指先には毛穴がないので顔のほうに吸収されやすい構造になっています。化粧品はすべて手に取り、ケーキにクリームを塗るように優しく肌にのせましょう」

すべきことはこれ!
・化粧水や美容液は手で優しく肌にのせる
・拭き取り式のメイク落としや化粧水は毎日使わない
・肌を触りすぎず、朝晩のスキンケアは5分以内に

2 シートパックに頼りすぎない

「シートパックの成分の大半は水。時間がたてば肌から蒸発するので、保湿効果を期待しすぎないように」。美容成分入りのものは濃度が高いため、かぶれる場合もあるので注意を。「肌にのばすと固まるタイプのパックのほうが保湿効果は期待できる。まずは日々のケアで肌の状態を整え、パックに頼りすぎないことが大切です」

すべきことはこれ!
・「たまのパックよりも日々のケア」をモットーに
・乾燥が気になるなら、肌に伸ばして洗い流すタイプのパックに。
・パックでかぶれることもあるので、赤みが出たら使用をやめる

3 紫外線対策を日焼け止めだけに頼らない

SPFとは、1平方センチメートルあたり2mgの日焼け止めを皮膚につけた場合、日焼けするまでの時間を何倍にのばせるかという数値。「日焼け止めだけで基準を満たそうとすると、かなりの厚塗りに。一方、パウダーファンデーションの粉には紫外線を反射する効果があります。日焼け止めの上にファンデを重ね、何度か塗り直すのが○」

すべきことはこれ!
・SPFなどの数値にこだわるよりも、上にパウダーファンデを重ねることで日焼けを防ぐ
・焼けやすい頬骨の上には厚めに塗る
・日中に何度かファンデを塗り直して効果を持続させる

4 コンビニの野菜サラダで満足しない

肌を丈夫にし、潤いを保つビタミンAは、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれている。「外食やコンビニで買えるサラダは淡色野菜が中心。しかもカットずみの野菜は、時間がたつにつれビタミンが失われてしまうということは、意外に知らない人も多い。緑黄色野菜を温野菜で食べるようにしましょう」

すべきことはこれ!
・淡色野菜ではなく緑黄色野菜を1日100g(両手のひらいっぱい)は食べる
・体を冷やす生野菜よりも温野菜のほうがおすすめ
・市販の野菜ジュースよりも野菜そのものを取るように

5 午前0時過ぎまで起きていない

代謝を活発にし、健康や肌の若さを保つ成長ホルモンが最も分泌されるのが、夜の10時から深夜2時までの間。「起きてから10時間後くらいに分泌準備が始まります。これが分泌されている間に睡眠を取らないと肌荒れや老化が進むので、午前0時には就寝を。睡眠の質が低下するうたた寝はせず、6時間は寝ること」

すべきことはこれ!
・夜10時~深夜2時のゴールデンタイムの間に寝る
・眠くなったらうたた寝はせずベッドへ
・睡眠時間はできるだけ一定にし、6時間は確保する

6 エイジングケアを後回しにしない

すべきことはこれ!
・エイジングケア化粧品はシミやシワができる前から使う
・低刺激成分(ビタミンC誘導体、ナイアシンなど)のものから試す
・シミやシワが気になる部分だけでなく、顔全体に塗る

オススメ洗顔料!

ハトムギ洗顔フォーム

「LDK」(エル・ディー・ケー)といえば、節約テクニックやルームコーディネート、製品比較など、日々の生活に役立つ情報を掲載している月刊誌。その有名な辛口雑誌の中で一位を撮った洗顔フォーム!

①泡立ち、使用感の良さ

②成分の良さ

③洗浄力はおさえめ

肌の新陳代謝を高めてくれるので美肌・美白効果が期待されるのが「ハトムギ」。こんなにしっかりお肌に良い成分を配合していながら洗い上げることが出来ます!

ノブⅢ ウォッシングクリーム

肌あれ・乾燥が気になるお肌を、きめ細かな泡でうるおいを保ちながら洗い上げる洗顔料です。 きめ細かく弾力のある泡立ちでお肌のうるおいを保ちながら汚れをスッキリ落とす洗顔料です。 洗い上がりつっぱらず、しっとりとしたお肌に洗い上げてくれます!

スイサイ クリームソープ

石けん系洗浄成分で洗い上がりはさっぱり。乳酸菌由来の保湿成分、くすみを除去するクレイ成分配合など、高い総合力を発揮しました。1000円台でこれなら文句なしです!

ビフェスタ 泡洗顔 コントロールケア

値段もお手頃で何度も買って使いたくなる洗顔フォーム!どこにでも売っていて、モッチモチの泡が押すだけで出てきて、乾燥しないマイルドな使い心地なので、リピートして使ってる方がたくさんいてます!

  • もっちもっちの泡はアラフォーのお肌にも優しい
  • 選ぶ種類でしっとり感が違う
  • 忙しい朝の洗顔が楽になった
  • 意外にたくさん使えるのでコスパが良い

桃まるかじり 重曹泡洗顔

赤ちゃんから大人まで使える洗顔フォーム!

・保湿効果が期待できる桃のエキスでしっとりすべすべに
・重曹パワーでかたくなった角質を柔らげて、毛穴汚れ対策
・蜂蜜、ロイヤルゼリー、コラーゲン、ヒアルロン酸の4つのうるおい成分配合で乾燥毛穴対策
と、プチプラながらも優秀な洗顔料!

まとめ

できることからで良いので、日々の生活習慣を変えて美肌になれるように努力していきましょう。ただ、無理して今の生活をガラッと変えるのは体にも心にも負担がかかりストレスになるので、できる範囲からしていきましょう。ストレスが溜まると、体にも肌にも良くないのでなるべくストレスフリーで美肌を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です