睡眠は肌の調子を左右する!寝付けが悪い方にオススメグッズ!

肌のことを気にしている方であれば睡眠は大事だと知っていますよね?しかし、夜更かしってついついしちゃって後々後悔したことってないですか?わかっていても、友達との会話が弾んだり、映画観たり、SNSを見たりしてると時間ってあっという間に過ぎて結局寝る時間が遅くなって寝不足になりがちですよね。寝る前にスマホやテレビを見るとブルーライトをたくさん見てることになるので更に、寝付けが悪くなりますよね(´・ω・`)今回の記事では、寝付けが良くなることや、睡眠グッズを紹介していきたいと思います!

【間違った洗顔してませんか?】おすすめ洗顔フォーム!

睡眠の知識を身につけよう!

皆さんは1日どれくらいの睡眠時間ですか?私は、5時間あれば大丈夫という方や8時間寝ないと1日元気に過ごせない方もいてると思います。ご存知だとは思いますが、人は1日7~8時間の睡眠時間が必要と言われてます。研究結果でも7~8時間寝ないと体の調子が悪くなるみたいです!特に、日本人は他の国に比べると睡眠時間が圧倒的に少ないと言われてます。たくさん寝るようにしましょう!寝過ぎも体に負担がかかるので7時間くらいを目安に寝る時間を確保しましょう!そうすることによって、人はねてる間に「脳の休憩と整理」と「成長ホルモンの分泌」を行っています。1日の睡眠時間が短くても平気って言ってる方は、体や脳に負担をかけているかもしれません!記憶力も低下してるかもしれません!今の生活から睡眠時間を増やす努力をしてみましょう!

レム睡眠とノンレム睡眠!

この2つの睡眠のことは知ってますか?名前は知ってるけど、違いがわからない方が多いと思います!簡単に説明していきますので頭の片隅に入れておいてください!

浅い眠りの時をレム睡眠、深い眠りのときがノンレム睡眠と言われています。この、2つの睡眠が交互に訪れます。この2つの睡眠には周期があるのでその周期を把握できたら朝の目覚めがスッキリするかもしれません!寝起きが悪い方は自分の睡眠の周期を確認してみるのも良い打開策かもしれません!アプリで自分の睡眠をチェックするものがあるのでダウンロードしてみて確認してみてはどうでしょうか?

朝スッキリするには?

晩御飯は20時までに食べてそれ以降は何も食べない!

なぜ、20時までなのか?理由は簡単です!寝る前に何か食べてしまうと寝ようと思っても体の中では消火活動が行われてるので脳は眠いと感じても、体の中では活動しているので寝付けが悪くなるのです。いつも寝る時間が決まっている方は、逆算して寝る3時間前までに食事を済ませておきましょう!

23時までにベッドに入ろう!

早く寝たら早く起きれるのは当たり前ですが、眠りにもゴールデンタイムがあるんです!0時ごろに深い眠りに入っていれば効果が最大限に発揮されます!なので、23時頃にベッドに配しましょう!しかし、そんな時間に寝れないって方はベッドに入って目を瞑って横になるだけでもOK!最初はなれるまで、しんどいかもしれませんが慣れてくると目覚ましが必要にならないかもしれません!

ベッドは窓際に配置して朝日を浴びよう!

人間の体は光に反応して目覚める機能があります!家具の配置を変えるのは大変かもしれませんが、毎朝スッキリ置きたい方は窓際にベッドを配置してみましょう!毎日、ダラダラ過ごすよりスッキリ起きてテキパキ毎日を過ごせるようになるかもしれませんよ!

寝る前に部屋を換気してみてください!そうすることによって、部屋の中に酸素が充満して朝の目覚めが良くなるよ!

自分に合ったアラームを設定しよう!

大きすぎる音は人間にとって苦痛になります。「朝起きる=苦痛の」イメージが付いてしまうとなかなか起きれなくなります。朝起きるが辛くなると更に起きれなくなります(・o・)前述で目覚ましはいらなくなると書きましたが「朝起きる=幸せを感じる」音、皆さんが朝聞いて落ち着くものがおすすめです!

オススメ快眠グッズ!

PREMO 立体型睡眠アイマスク

このアイマスクには柔らかい低反発ウレタン素材が使用されているので、目の周りへの締め付け感が少なく快適に着用できます。目の押さえつけ感もほとんどありません。

また、鼻元から光が溢れ入らないように設計されているので、鼻が高い人でも安心して使えます。ふわっとした使用感で光をきちんと遮られるので、光対策におすすめです!

パナソニックLEDシーリングライト

目覚ましライトはいくつか販売されていますが、据え置きタイプのものだとライトの光が目に差し込みにくいので、天井に取り付けられるこの製品をおすすめします。

起床予定時刻の15分前、もしくは30分前から徐々に点灯し、設定時刻になるとアラームが鳴ります。自発的に目覚めやすくなる上、起床時の気分が良いとの実験報告もされています。私も使用していますが、目覚めやすくなりました。目覚めに満足できていない人にとてもおすすめです!

冷却デオシャワー

洗い流す必要がないものなので、就寝直前に体に噴きかけることができます。この製品は、汗のべたつきとニオイを抑える働きがあるので、汗っかきの人に特におすすめです。

眠る前に体に2,3噴きするだけで、寝入りばなの寝苦しさを一気に吹き飛ばして爽快な気分にしてくれますよ!

シルク ナイトキャップ

シルクの成分は人間の髪とほぼ同じ為、摩擦に寄るダメージが少なくなります。髪が長いと眠る時に邪魔に感じないでしょうか。また、寝返りの際に、髪が枕カバーと擦れて痛みが気にならないでしょうか。ナイトキャップに髪を収めることで眠りやすくなりますし、髪へのダメージの軽減を期待できます!

まとめ

寝る前から朝起きるまでのリズムを変えるのはタイへなことだと思います。しかし、睡眠は一生の付き合いなのでできることから変えていって質の良い睡眠を取るように心がけるようにしましょう。無理にガラッとリズムを変えるのではなく、できるところから少しずつ変えて慣れていくようにしましょう!

【間違った洗顔してませんか?】おすすめ洗顔フォーム!


スキンケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です